×

閉じる

第8期戸田市高齢者福祉計画・介護保険事業計画策定業務委託

プロジェクト概要

イメージ画像
対象国・地域 日本・埼玉県戸田市
実施期間 2020年05月~2021年03月
発注者 戸田市

主な活動

「市町村高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画」は、老人福祉法第20条の8の規定に基づく「市町村老人福祉計画」と、介護保険法第117条の規定に基づく「市町村介護保険事業計画」を一体的に策定し、総合的な高齢者福祉施策を展開するための基本的な方向を示すもので、3年に一度策定されています。本業務では、戸田市における高齢者等の実態を踏まえた第8期戸田市高齢者福祉計画・介護保険事業計画を策定するために、戸田市の高齢者施策や介護保険事業の運営状況の分析・評価や、基本方針の設定の提案などを行います。

担当者から一言

日本の高齢化率(65歳以上の人口割合)は、1970年に7%、1994年に14%、2007年には21%を超え、2019年には28.4%に達しています。少子高齢化により総人口が減少する中で、高齢化率は上昇を続け、2036年には33.3%、2065年には38.4%に達すると推計されています。高齢化が進行する中で、一人暮らし高齢者が認知症高齢者の増加、老々介護や地域で支え合う人と人とのつながりの希薄化などの課題がより顕在化しています。本業務では、高齢になっても一人一人が健やかで元気に安心して生活することができ、お互い支え合うことができる社会を実現するための高齢者施策に関する提案を行っています。