×

閉じる

平和構築・社会開発

セクター概要

武力を伴う紛争は人々の生活の基盤であるインフラを破壊するだけでなく、社会の絆を裂き、人々の相互不信や憎しみを増長させます。紛争を予防、解決し、平和を定着させるためには、軍事的な手段や予防外交などの政治的な手段だけでなく、紛争の要因となる貧富の格差の是正や機会の不平等などを改善するための開発援助が重要となります。私たちは紛争後の国・地域において、紛争の影響を強く受けた弱者の支援と、紛争で弱体化した行政機能の回復・改善を通じて、紛争影響国の復興を支援しています。紛争影響地域の複雑なニーズに対応するため、当社の持つ総合力を活かして分野の垣根を越えて紛争影響国を総合的に支援するコンサルティングサービスを展開しており、日本のさらなる協力拡大が期待される平和構築分野における新しい支援モデルの構築を目指しています。

近年の主な受注案件

対象国・地域 案件名 実施期間
スーダン共和国
ダルフール3州における公共サービスの向上を通じた平和構築プロジェクト
2015年03月~2019年03月